FC2ブログ

Spring Live 2015(長文) 

毎年恒例のYAMAHAスプリングライブが無事に終了しました

回を増す度にレベルが上がっていく気がするこのイベント。
今年も難易度の高い曲が揃いました


セットリスト

愛を歌おう(嵐)
Road Star(TRIX)
ネコふんじゃったRock'n Roll(水野義子)
I'm A Slugger(PE'Z)
Across The Border(柏木玲子&福井健太)
Heavy Tango(Richard Galliano)
Roller Coaster(Spyro Gyra)
Don't Stop 'Til You Get Enough(熱帯Jazz楽団)
Rio Frio(Metro)
Daocando No Paraiso(上原ひろみ)
Cricket Smoker(Dimension)
久保田(TRIX)
Jake To The Bone(TOTO)
Watermelon Man(Herbie Hancock)


全14曲!
下は8歳から上は4歳まで幅広い年年齢層のプレイヤーが出演してくれました


愛を歌おう
ーSTAY GOLDー
Tama
ちゃんるー
1Chan
Haseman

エレクトーン3人(ちゃんるー、1Chanは親子)とHasemanのボーカルで昨年末に"YAMAHA ELECTONE STAGE"に出場した時の曲。
自分のコーラスを打ち込んで同期させるという、すごい技を使ったのだけれど…
ELECTONE STAGEでは外部機器とのMIDI同期は禁止。
結局エレクトーンのシーケンススタートボタンとMTRのスタートボタンを同時に押すという原始的な方法で望む事に。。
そして、、見事に途中で打ち込み音源と2拍ほどズレてしまい玉砕したんでした…
そのリベンジも兼ねて昨年と同じ衣装で登場
今回も微妙に同期が遅れてしまったけど、なんとか完奏
でも。
ズレはあくまでも"微妙"で、昨年のリベンジは果たせたかな~


Road Star
ーLovely Tide!ー
潮 茉樹
潮 恵美

5年生の茉樹ちゃんと、お母さんの恵美さんによるTRIXのロックンロールナンバー。
TRIXにしちゃあ珍しい王道のロックンロール曲。
親子で息の合った演奏でした。


ネコふんじゃったRock'n Roll
ー田邊 暁正ー

5年生の"あっきー"のエレクトーンによるとってもかわいい曲。
『ねこふんじゃった』をアレンジした曲なんだけど、なかなか楽しい。
ヤマハのエレクトーンテキスト独自の曲だとか。
あっきーの参加は今回で3回目?
最初に見た時からすると、だいぶお兄ちゃんになってました~
演奏力もメキメキ伸ばしてきているので、来年が楽しみなプレイヤーの一人です。


I'm A Slugger
ーサンク♪アジュールー
小泉 宥心
高木 茉莉乃
瀧澤 凛
鶴居 志苑
松枝 夕愛

小学生のチームでピアノとエレクトーン。
1台に2人で座って弾く子もいてグランドピアノ1台。エレクトーン3台にちびっこ5人という編成。
Spring Liveでは人気の"PE'Z"。
"PE'Z"の曲は毎年エントリーされている。
この『I'm A Slugger』もSpring Liveでは何度か演奏されているそうな…
とにかく元気な曲で、サポートする側もめっちゃ楽しめました~


Across The Border
ーBOND GIRLSー
内藤 友里恵
神田 美生

大学生の女の子2人によるエレクトーンとピアノのデュオ。
本当に大人しい二人だけど演奏はなかなかパワフルでした。
エレクトーンプレイヤーの柏木玲子さんの曲で、エレクトーンを弾く人には人気らしく、何年か前にPちゃん、さとこちゃんとのユニット『H2S』で目黒の『音の箱』ライブでも演奏したよね~


Heavy Tango
ー山下 美帆ー

タイトル通りにヘヴィなタンゴのエレクトーン演奏。
今回の曲目の中では大人の選曲で一際印象深い曲だったんじゃないかな?
マイナー調のタンゴ。
今回サポートさせてもらった中で唯一VBー99によるウッドベースサウンドをフィーチャーしました
我ながらいい音だと思いました(笑)
山下さんのバンドネオンサウンドとマッチして曲をより一層深い味わいに仕上がったかな


Roller Coaster
ー高橋 未侑ー

スパイロジャイラのかっこいい曲。
未侑ちゃんはコンクールでもこの曲を弾いていて、弾きっぷりもハンパなくかっこよかった。
ベースもかなり重要な位置にあって、16分音符で弾き倒す感じで、僕のイメージではジャコパスっぽい音色かなぁ?ってことでピックアップバランサーをを目一杯ブリッジ側にしてトレブリーなサウンドにしてみました。
未侑ちゃんの演奏と相まって、弾いてて気持ち良かった~


Don't Stop 'Til You Get Enough
ートゥインクル☆スターズー
井原 悠希
芹澤 紫響
高橋 菜花
真壁 ひかる
山手 綾夏

Spring Live常連さんの中学生ユニット。
昨年は『サムスカンクファンク』でノリノリにさせてくれたけど、今年は…
オリジナルはマイケルジャクソンなんだけど、それを熱帯Jazz楽団がカバーしていてそのバージョンのカバー。
カバーのカバーということになるね
長年一緒にやってるというだけあってしっかりまとまっていて本物のブラスセクションと演奏しているようでした
個々の演奏力も高くて、今後どうなるか楽しみです。


Rio Frio
ー♪HaruRinote♪ー
佐古谷 莉乃
高野 遥菜

来ました~お馴染みのRio Frio
Metroの『Express』というアルバムを発売と同時に買って、最初に聴いた時から大好きな曲なんです。
そんな大好きなRio FrioはSpring Liveでも人気が高い。
今回は中学生女子の2人が演奏してくれました。
キラキラの青いスパンコールのお揃いの衣装で息の合ったRio Frioでした。
弾きっぷりも流石で、人前での見せ方を知っているかのよう。
寺田さんも僕もグイグイ引っ張られましたよ


Daocando no Paraiso
ー坂本 真里奈ー

音大生ピアニストの真里奈ちゃんが上原ひろみの難曲をチョイス。
最初に音源を頂いた時にはすげーと思ってしまいました(笑)
とにかくアグレッシブで早い!
ベースもアンソニージャクソンの変態ソロで、コピー不能(笑)
アドリブというよりは適当?
本番ではあえて何も決めずにアドリブしてみたけど、少しアンソニーに近づけたかな(笑)
クラシックピアノ専攻という真里奈ちゃん。ほんの少しパワーが足りないかなぁという感じだったけど、上原ひろみが異常な程なのかもね~
(ラスクごちそうさまでした~)


Cricket Smoker
ーHina*Yunaー
小林 日菜
舟木 優奈

この2人もエレクトーンプレイヤーの常連さん。
しかも毎回DIMENSIONの難曲を選んでくれるのよ~(笑)
今回はDIMENSION7枚目のアルバム1曲目の『Cricket Smoker』
ベースは恐らく故 青木智仁。
青木さんのチョッパーの音色は独特でね~、試行錯誤しながら音色作りました
2人ともすごい演奏力で、特に優奈ちゃんはハンパなく耳がいい
聴いた音を即座に弾いてしまうらしい…
今回からエレクトーンが『ゼロツー』というバージョンアップを行い音色もかなり良くなっているようで、ギターやサックスがより本物に近付いたように思いました。


久保田
ー渡辺 拓海ー

高校で陸上部に所属する拓海くん。
そんな忙しい時間の合間を縫ってエレクトーンの練習をしているんだとか。
拓海くんはTRIXが好きらしく、今回は『久保田』をチョイス。
この曲も『Cricket Smoker』同様にチョッパーバリバリ(笑)
中間部のベースソロでは拓海くんのエレクトーンベースとの掛け合いソロ。
鍵盤のベースとバトルしたのは初めてだったけど、なかなか楽しかった
もっと長い尺でやりたかったな~
当初のテンポよりだいぶ早くなってヒィヒィでした(笑)
(パウンドケーキごちそうさまでした!)


Jake To The Bone
ー竹内 夏希ー

毎回難曲をリクエストして寺田さんや僕を翻弄してくれる夏希ちゃん。
今回はロックバンドTOTOの『Jake To The Bone』をチョイス。
4拍子と7/8拍子が混在する変態的変拍子の難曲。
寺田さんも僕も譜面から目が離せないというのに夏希ちゃんは暗譜して、左手で7/8拍子のギターリフを弾き右手でピアノソロを弾くという超絶な演奏を披露。
まみ先生も「どうなってるか分からない」という程。(笑)
2015年Spring Live最優秀難曲賞決定です(笑)
来年のリクエストが今から楽しみです
(
チロルチョコありがとう(^^)/)


ウォーターメロンマン
ー全員ー

演奏者全員で1コーラスずつソロを回すという怒涛のエンディング。
同じ曲でも一人一人違う個性溢れるソロで、バッキングするのが本当に楽しかった



このライブの事前リハーサルからプログラム製作、ライブ当日は朝早くからの町田エルシーでの『フローラルコンサート』の準備開催を終えてから相模大野に戻り、Spring Liveの当日リハの準備から本番の準備、会場設営、PA、何から何まで嫌な顔一つせず引き受けて下さった相模楽器の梅谷さんと伊藤さんに感謝ですm(_ _)m

毎年プレイヤーなとして参加してくれている川井くんがビデオ撮影隊で参加してくれました(笑)

そして…

毎年このSpring Liveのサポートベーシストとしてファーストコールしてくれる相模楽器システム講師の中條先生と青木先生。
本当にありがとうございます
こんな貴重な体験はなかなか出来ません。
僕はもとより、寺田さんも毎年一番楽しみにしているイベントなので、いつまでも続いてくれるのを願うばかりです。



最後に。

観に来て下さった全ての方々へ。

本当に本当にありがとうございました
柴田さん。
けーたさん。
PERGOLAマスター。
プレイヤーのお父様、お母様、お姉様。。

沢山の方々のご協力があってこそ初めて成功するイベントなんだなぁと毎年思います。




あと少しだけキャパシティが広ければなぁ。。。(^^;;






おしまい。(>w<)ゝ





スポンサーサイト
[ 2015/04/15 07:59 ] ライブをやったり・・・ | トラックバック(-) | CM(0)